忍者ブログ

玩具部屋小さいイーダは

きのうは、あんなにきれいだったお花が、みんなしおれちゃったわ。ねえ、どうしてなの?」
 小さいイーダは、学生さんにたずねました。
 学生さんは、いつもおもしろい話をしてくれるので、イーダは大好きでした。
 「それはね、この花たちは夜中になると、みんなダンスパーティーにいったんだよ。それでおどり疲れて、頭をたれているのさ」
 「うそよ。花はダンスなんかできないわ」
 イーダがいうと、学生さんが答えました。
 「うそじゃない。あたりが暗くなって、人間たちが寝静まってしまうと、花たちはおどり回るんだ。花びらをチョウチョウみたいにはばたかせて、お城までおどりに飛んでいったりもするのさ。お城では、いちばん美しいバラの花が、王座にすわっているんだよ」
 「そうなのね、花たちはおどりくたびれて、ぐったりしていたのね」
 イーダは納得すると、その夜、花束を抱えて玩具部屋に行きました。
 それから人形のソフィーをベッドからどかすと、花束をベッドの中に横たえ、上から布団をかけてやりました。
 その晩、イーダはなかなか寝付けません。
 「あの花たち、今夜もダンスパーティーに出掛けるのかしら。それともおとなしくソフィーのベッドで寝ているかしら。心配だわ」
et counting stars no reason turn sunshine back sweet kingdom long trip pray soul diamond shine blossom paradise star counting qiaobaby520 sing high sing down
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R