忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一緒に食べる

毎年この時期開催されていてる「マキノくらふとまーけっと」に出店されている「dog gluck」さんのおやつです。

dog gluckさんは愛犬の為の安全・安心の手作りおやつ専門店で、食材も無農薬,無添加を選んでおられます。
なので、飼い主も味見をしたり、一緒に食べることができます。(宅配あります)

今日はなんと無農薬のイチゴのシフォンがあり、それは飼い主用に^^;
イチゴの無農薬にはなかなかお目にかかれません。
ほんのりイチゴ風味でとても優しいお味でした。
ワンズにも少しおすそわけはしました。

ワンズが「待て」をしているのはチーズシフォンです。こっちはワンズ用に購入しましたが、飼い主も味見はさせてもらいました。
この他にチーズクッキーも買いました。チーズクッキーはワンズが大好きです。
一緒に食べていたら、とても上品そうな、ふわっふわのワンコさんがこちらを見ていました。

あまりにカワイイので写真を撮らせていただき、ブログでの紹介もご了解を得ました。
PR

活霊(いきりょう)」


この季節、やっと寒さから解放され、ホット一息というところ。
野山では百花繚乱(ひゃっかりょうらん)とばかりに花が一気に咲き乱れている。
いい季節がやって来たという感じでもあるが許智政醫生
古来の日本では、かえって、こんな季節を怪しんでいた。
花には「活霊(いきりょう)」が籠っていて、
花が枝から離れ散るときに、この「活霊」が騒ぎ出すと考えていた。
そのため、この季節に行なわれるのが、「鎮花祭」と呼ばれる「花しずめ」のお祭り。
「やすらい花や」という言葉を唱え華洋坊
花に宿った「活霊」を慰める儀式がかなり昔から行われて来ていた。
ただ、それらの儀式には、もう一つの意味がある。
桓武天皇時代に長岡京を造営する責任者だった藤原種継をはじめ、
その当時に「若くして非業の死を遂げた者」たち
に対する鎮魂の役目をもっていたようだ。

ネパールで地震が起きた。
私は、今から40年ほど前にネパールを旅したことがあった。
喧噪なインドを経てネパールのカトマンズに着いたときには、
緊張から解き放たれたような晴れやかな気持ちになったことが思い出されてくる。
遠く雪を冠った山脈が見えるカトマンズの街は小さく
一角を抜けるとすぐに農地が広がっていた。
その当時、インドもネパールも貧しい国だったが、ネパールの子供たちの
屈託のない明るい表情と、気軽に話しかけてくる様子が印象的だった。
そして、ふるさとに帰ったような気持ちになって華洋坊 好唔好

揺れを体験し

宮城に住む私も震度6強という揺れを体験した一人であるが、津波に出会うことなく、今こうして元気で生きている。しかし、津波で亡くなった知り合いもいれば、故郷を去ることを余儀なくされた友人もいる。当然ながら、目に見えない者たちの悲痛な叫びを、未だ困窮する多くの人々の沈痛な思いを決して封殺してはいけないと思っている。reenex cps
 風化という言葉は、その災害の事実を忘却しないまでも、災害への危機意識の喪失がことさら酷い場合に表現される。「被災地を、被災した者たちを忘れないで欲しい」の真意は、当然に生活支援・復興支援を望む声であるが、自然災害に対する危機意識の風化への恐れでもある。人は自然災害や人災に遭遇する度にその危機意識をしっかり持とうと決意する。ところが、実際に次の災害がやって来た時、過去の手痛い経験がそれほど活かされることなく終わる。決してそれが世の常であってはならない。日本は世界でも有数の地震国である。「天災は忘れた頃にやってくる」の先人訓は常日頃からしっかりと胸に秘めて欲しいものであるreenex 價錢

<石巻市大川小慰霊碑。児童74名、教職員10名の霊を今も遺族が弔いに訪れる>

 決して忘れてはならない。今や日本という国家は、未曾有の大惨事でさえ、未だ仮設住宅で困窮する多くの人々の沈痛な思いや原発事故により避難を余儀なくされた者たちの悲痛な叫びを置き去りにし、グローバル化した経済を優先する国である。ひとたび自然災害が起きれば、自分の命は自分で守るしかないのである。被災地を訪れるとそれを痛感する緊緻

演繹在的夏夜的水中。

繁華都市,唯有喧鬧,找一塊林蔭水域,便是休閒的天堂向日葵纖體美容投訴

借一支柔美的夜光,讓心情再水波上蕩漾,日間的瑣事,在夜幕下悄然淡忘,全身的疲勞,在垂釣中輕鬆雲消。

靜夜中,偶爾有一絲牽掛,拉動了心靈的座標,敏感的釣竿,迅即彈出一絲清脆的迴響,水中的音符傳到了心坎,比阿炳的二胡,還要動聽悠揚。

夜風拂著我的臉龐,如母親的關懷,永久難忘。童年的往事,在蛙聲中回放。一盞油燈,走遍原野山坳,一個魚簍,就是全家餐桌上的希望,家鄉的小河,曾經讓我童心飛揚,獨木橋上,至今還殘留了我斑駁的印象。

向日葵纖體美容投訴蒼白的歲月,在青絲上慢慢增長,童年的往事,在魚絲上越拉越長,在沒有月光的夜晚,拉出了一曲雜亂無章的歌謠,不知是歲月的坎坷還是人生的悲傷?春夜,絮花飄落,滿地沁香,江水湧動兩岸風光,美景良夜,醉似酒後的搖晃,在風起的時候,很難捕捉魚訊的目標。浮標在水波上跳舞,是否有魚跟著起舞?人生如戲,有時也會被魚戲弄。

人釣魚,魚耍人,鬥智鬥勇,演繹在的夏夜的水中。

浮標頻點,繁星閃爍,小魚玩鉤,手握釣竿蠢蠢欲動,卻又難以啟鉤!有蝙蝠掠過,驅散了嗡嗡的蚊蟲,偶爾撞擊釣竿,驚動了水中的頑童,小魚離去,大魚上鉤,把釣竿拉成了彎弓,最美的享受,盡在溜魚之中。

熱鬧大都市,靜美山水間,在月光下垂釣,更有一種詩情畫意。

秋月如水,洗淨了世間的塵擾;秋水如鏡,映照著人間的陰陽;秋風如詩,抒寫著世態的炎涼。秋夜,有一首道德的詩歌,讓人生去細細品讀。

婆娑的楊柳,開始灑落青春的魅力,泥土的清香漸漸沉入水底,魚兒遠離熱鬧,秋蟲開始喧鬧,是小人得志,還是是非顛倒?在敏感的釣具上,彈出了最好的迴響,魚出秋水,肥如月亮向日葵纖體美容投訴

原汁原味的文人是不能生存

果然,一語驚天變,那騾子的崽立刻化掉,鐵打的騾子健步如飛,王莽的軍隊在後面看著劉秀的背影越來越模糊,只好作罷。劉秀並沒有因為逃脫了王莽軍隊的追殺就立刻擁有百萬雄獅殺回朝廷,事實上,他連一個果子都沒得吃美容機構

 

在劉秀最想吃果子的時候,有棵枸桃樹聽見了,於是它把果子獻給光武帝吃,光武帝在流亡途中,第一次吃果子,只覺得甘甜可口,於是看看那樹,自己又不認識,乾脆就說,我不管你是什麼樹,是樹我封你一千年,這話讓柿子樹聽見了,以為“是樹”就是“柿樹”。所以,它當然要活一千歲。因為這個緣故,柿子樹的樹心都是黑的,因為他幹了虧心事。驕傲的柿子樹到處宣傳自己能活一千歲,枸桃樹聽了氣炸了肚子,柳樹聽見氣歪了脖子。現在你看吧,凡是枸桃樹都是“大肚子”,凡是柳樹大多也都是歪脖樹。我不想繼續把故事講下去。憑我的感覺,光武帝劉秀窮途末路,沒水喝,沒果子吃,連騎的騾子也是懷孕的。那麼他絕對不可能是一個富家子弟,更不可能是一個白面書生,他應該是一個武士,他必須擁有健壯的肌肉,必須具有雄混的體魄,一個被篡了位的皇帝,為了奪回王位,他必須帶領千軍萬馬手持利劍腰胯戰馬親自與反賊戰鬥。而一個富家子弟或者白面書生是絕不可能躲過王莽大軍的追殺,更不要說統帥軍隊與叛軍作戰!這樣說來,從文化認同感上來說,他來的應該是伏牛山,因為伏牛山是健壯的,是雄混的,是男人的本色,是英雄的本色!同樣也是在伏牛山腳下,離白果樹不遠處,有另一位名人的故居。這一點,不像光武帝的傳說那樣飄渺,它是真實的,是可以去觸摸,去考證的瑜伽鍛煉

 

在漢代過去幾百年後,另一位大人物也出現在伏牛山腳下,他門口的河水甚至直接通往光武帝落腳的那棵白果樹。唐代的吳道子在歷史另一個節點的等待中緩緩走來。其實,你完全可以認為我在故作呻吟,因為光武帝劉秀擁有健壯的體魄可以接受,吳道子可是個文人,是個名鎮中華的大畫家。文人,自古在中國人的精神世界裏就是纖弱的。我去過吳道子故里,吳道子的門前有一條河,據說是他洗硯臺用的,你不相信吳道子有健壯的體魄,也一定要相信,他擁有一條結實的胳膊。硯臺洗黑了整條河流!這不是一個瘦胳膊瘦腿的人能夠做到的!吳道子的故里離縣城隔著伏牛山,這個山裏娃,並不是那麼容易就能跳出大山出人投地的,也許,也不僅僅是實際存在的那座大山,還有精神上的。八百里伏牛山,多半是丘陵地,吳道子所在的那個地方,土地貧瘠,民風彪悍,山上至今還有一座令人膽戰心驚的土匪寨。這樣的環境,原汁原味的文人是不能生存的,他首先要學會如何填飽肚子,還要學上幾手功夫,以便遇到強盜的時候能夠保護自己。所以,我寧願相信吳道子也擁有健壯的體魄,他在幾百年後的唐代,被光武帝碩大的身影覆蓋。他感應到那種力量,並在幾百年後回應他。作為一個文人,他不但在精神上強大,也在體格上強大起來,正像那朝夕相處的伏牛山,它的肌膚,也是他的肌膚,他是大山的子民,他也未曾愧對它!Attractive women - making eyes for girl

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R