忍者ブログ

半人半獣の鹿の神

お姉さん、「あなたはあの何の詩を書くのか、私達のこの詩は鹿書きましょう。」私を描きました油絵、半人半獣の鹿の神を、半分はお姉さん、半分はニホンジカ体。お姉さんと言って笑いに似て 生意周轉
これはお姉さんの人生で一番輝いている時、彼女の養殖場となった養殖業の蛇口郡、多い時は六十二百頭頭ニホンジカ、豚、六匹の犬を飼ったことがあり、その後も五千羽のニワトリ 醫療用品
遠近の村民て彼女ができ、何十戸彼女の後押しでも、鹿を飼ってた。鹿に売れた、お姉さんは無料担当訪問にめすのシカの向う、彼女はそれは嫁に出した「娘」の子供を産んで、「祖母”が何もしないですか?毎年定期採ドロー鹿血割鹿茸、お姉さんと夫もバイクも現場で指導のため、割鹿茸こだわっても危険で、割が早くなった鹿茸のまだ成長して、割と遅い鹿茸の石灰化は安っぽくなった、割が少ないし、割多くなった鹿会出血亡国 耳穴戒煙
彼女の週辺のいくつかの県鹿を売って、地元にも数十戸の村民は彼女の後押しで金持ちになる。鹿は、母親の胎内にある人は生まれると、3000元;大鹿はもっと高くて、1万頭牡鹿。普通の農家は投げない係、お姉さんは先に後の彼らに、お金か、などを売った鹿更にまた。こんなお姉さんはいくつかの「飛び鹿」。しばらく私は、お姉さんは「飛鹿」その心配、お姉さんは「お金じゃない、毛皮。私はここに飼って多く、死の一つや二つは抗する;貧乏な家は事故、用事がある私は先に担着……」
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R