忍者ブログ

暖冬の影響理想实现

詩人の杉山平一さんに「三月」という詩がある。「走ってくる春の聖火ランナーの/かかげる聖火の白い梅が/チラチラ見えてきた」…という詩句で始まる。
詩人杉山平一写有《三月》一诗。诗以这样的句子开头:“春的使者迎面而来/他高举的圣火、白梅/闪烁着映入眼帘”。
聖火台に火がともされてスポーツの祭典が幕ひらくように、春という祭典にも聖火があるのだろう。その火とはなるほど、梅の一輪をおいてはあるまい。春の聖火はいま列島を一路、北へ走っている。
「梅まつり」の始まった湯島天神(東京都文京区)を訪ねると、暖冬の影響もあるのだろう、すでに見ごろの花もある。木々の間を散策する人、甘酒のコップを手にたたずむ人で、境内はにぎわっていた。
受験生の親御さんらしき人が拝殿にじっと手を合わせている。合格祈願の絵馬があり、千羽鶴があり、冬を耐えて咲いた梅と、わが子の耐えて咲く日を待つ人と、いつもながらの早春の風景があったtom ford sale
有考生家长模样的人在拜殿内默然合掌。有祈求考试合格的画马,有千羽鶴,凌寒而开的梅花,和期待孩子熬出头的父母,一同构成早春惯有的风景。
梅の聖火ランナーから始まった杉山さんの詩は、後続の走者ともいうべき春の星に筆がおよぶ。アークチュルス――これからの季節、南天の夜空を飾る牛飼い座の星である。苦しい日々のつづいた若かりし昔、その星に祈りをささげたことを回想して詩は終わる 願景村
結びの数行を追い込みに入った受験生諸君に贈ろう。「トンネルは必ず抜けるものだ/待つものは必ずくるのだ/来たのかもしれない/郵便箱にポトリと音がする」。
让我在本文结束之前,赠与正进入冲刺阶段的考生诸君诗句数行:“隧道必须穿越/理想定会实现/或许已经实现/邮筒啪嗒一声响 韓國劇集在中國的火熱”。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R