忍者ブログ

気配壁を隔火薬

くたびれる夜勤で、ストレスのはけ口にされては駅員もたまらない。
昨年度、鉄道職員への暴力行為が過elyze去最多となった。危ないのは酔客が交じる夜である。統計に表れない客同士のトラブルは、その何倍もあろう。
しかも、車内の怒鳴り合い、つかみ合いの沸点が下がっているようだ。
肩が触れ合う空間には、かんしゃく持ち、気配り下手、仕事でしくじった人もいる。許容の物差しは各様で、ささいな言動があらぬ化elyze学反応を起こす。
思えば、都会そのものが巨大な満員電車のようなもの。
軒を接し、壁を隔てて多数が暮らせば、気に障ることもあろう。
物音、臭い、習慣、立ち居振る舞い。大概は互いの気遣いで収まるが、ひとたび顔を見るのも嫌になると、火薬はたまるばかりだ。
東京の世田谷区で、元警察官の男(86)が向かいに住む女性(62)を日本刀で殺害し、自ら命を絶った。
二つの家に挟まれた細い路地では、植木の世話やゴミ、猫の餌やりを巡ってもめ事が絶えず、警察が駆けつける騒ぎもあったという極速約會
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R